贈与税で得をして減税する!!
不動産活用方法

現金で不動産を購入

現金で持つより、不動産に換えてしまった方が評価額が下がります。
現金が減る事で財産が減り節税対策に繋がります。

現金の評価額は等価なので1000万円であれば1000万円が評価額となります。
ですが、不動産評価額は時価の7-80%程となりますので
1000万円の不動産であれば800万円の評価となり200万円に対する税金の
支払いがなくなります。

これにより現金で贈与するよりも節税が可能になります。

リフォームによる節税

自宅をリフォーム、又は増改築した場合も評価額に対して課税されるため相続税対策となります。
住宅の評価額は時価の3-50%減となりますので1000万円でリフォーム、増改築等を
おこなった場合、3-500万円の課税対象分が少なくなります。


資産の組換え

利用価値の低い土地は売却して収益の上がる賃貸不動産に組換え
資産価値を高めつつ評価額を下げる事ができます。
評価額は更地より建物が建っていた方が下がります。

お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-6205-4281
受付時間:10:00-19:00
お問合せ

PAGE TOP

相続・贈与の無料相談
ご相談はこちら
お問合せフォームへ